FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

?哲学?

こんにちは^^

今日は、哲学について綴ってみます^^

哲学とは…



というわれても何と言っていいのかわからないですねw


神ってなんだろう?数ってなんだろう?人間ってなんだろう?空気、水ってなんだろう?これが哲学の始まりなのかな…うまく言えないので…

大雑把に哲学の歴史を見てみよう!


哲学に興味のある方はどうぞ^^ない方はスルーでww 

そして、哲学の知識が十分にある人もスルーでw

…古代ギリシャ等の哲学は、いわゆる自然科学、理科に近い感じなのかな?タレス「万物の根源は水である」とか?変化・流転の意味もありますね!この理論は、間違っていますが、人々にを投げかける事になる重要な出来事となるのです!もしかすると学問の起源に近いのかも?!

そして、賢人変人ソクラテスを経て弟子たちプラトン、万学の祖、スーパースターアリストテレス!らが形而上学を確立させる。目には見えないものを考える学問ですね。説明が難しいんですが、人間の存在や宇宙の原理、つまり、この世の原理を解き明かす…真理の探求です。この世には、普遍的な絶対揺るがない”何か”あるのです!人はそれを”神”という的なw


中世になると哲学は、神の認識そして人間のあるべき姿(立場)にスポットあてるようになり…なんだかキリスト教的な、意味合いも入ってきます。この時代は、一神教に対する認識が強まります!人は質素に生きなければならない。なんだか暗いですね^^;スコラ哲学といえば聞いたことあるかもしれませんね。(形而上学もスコラ哲学の一分野です)この分野での有名人といいますと、色々いますが、神学者トマス・アクィナスでしょうか?神との対話など弁論法に影響を及ぼした人ですね^^


その後、ルネッサーンス!文化の時代が到来し哲学もより華やかになります★カウンターカルチャーなのかもしれませんが(たぶん)神中心の問答が多かった中世哲学またスコラ哲学に対し、ルネッサンスの時代の哲学は、人文主義哲学つまり、人間中心、人間にスポットライト当てた哲学が出てきます。マキャベリーやモンテーニュー等。

そして近世哲学に繋がっていくわけです^^デカルト、スピノザ、ライプニッツ、カント、ロック、パスカルなど超有名人が登場するわけですね^^「われ思うゆえにわれあり」あまりにも有名ですね^^

ここでは、スコラ哲学と人文主義との融合により、今までの哲学全般の理論が固まってきます^^近世ではありますが形而上学的な、要素が色濃いように思えます^^

いろんな哲学者が、登場しますがデカルトがやはりここでは、傑出しているような気がします。それは、一度今までの哲学論を破壊して一から考え直したところにあるでしょう!!従来の哲学者たちは、今までのスコラ哲学や人文主義哲学、その他、宗教的観点や物理学、論理学などを元に、批判や思考を重ね、新しい論理を改築してきました。

そこが、デカルトの素晴らしいところでしょう^^以後、スピノザやパンセ、カントなど、デカルトの影響が多きところもその要素のひとつですね★

近世以降も優れた哲学者が出ますが、専門的な分野に分かれていきます。主に経済学といったところでしょうか?(社会契約論などルソー、帝王学ホップズなど)

                     以後省略w

大雑把に哲学の歴史を説明したつもりです。わかりにくいかと思いますがご勘弁を^^;間違っているところもあるかも?w



僕の中ではあくまでも僕の中では、ここまでが純粋な哲学だと考えています!

人類の発展と共に、哲学は多様化していき、様々な分野に影響を与えていきました^^

哲学とは、学問全般の事言います!という考え方があります。現に古代ギリシャでは、そういったものでした!

今までの文章を読んでいるとわかると思いますが(わかんないかもしれませんがw)哲学とは、人間の特に人間の精神の進化を手助けしてきた学問なのです!(と思うw)


個別に、哲学者の理論の説明までこまめに記載すれば、もっと100倍わかりやすいと思うのですが、文才がない僕なのでお許しを…

古代の哲学は、今考えると当たり前のような事を言っていますし、近世の哲学者の本などを読んでも、非常にシンプルなものが結構多いです!!(ニーチェなんかはなんだかややこしい感じですがw)

そして今現在、人々は今一度哲学を見つめなおす時期が来ているのではないでしょうか?(精神の進化の時期)

特に善行という概念が無いとは言わないが少ない方々、政治家なんかが顕著な例だろうなぁ~

未だに人間は真理にたどり着いていない、つまりたどり着くまで思考重ねるべきだと思います!

それこそが、人間に与えられた他の動物には無い”理性”を持った種族の義務に近い気がします^^b


(最後はちょっと物語風に〆てみたww)


まとまりのない記事で申し訳ないです><;



20121002161138503_0001.jpg


本当は、ついこの間読んだ、哲学の本を紹介しようと思ったのですが、題名忘れてしましましたw

では、今日はこの辺で



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント
プロフィール

まさぴえろ

Author:まさぴえろ
(仮)子どもの読書活動支援員~まさぴえろのブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
にほんブログ村 本ブログ 図書館・図書室へ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知 その他の街情報へ
にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村 イラストブログ オリジナルイラストへ
ブロとも一覧
フリーエリア
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。