FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

the kaientai

こんにちは^^


今日は、安田町のイベントについて書きたいと思います^^



その前に!先日18日に行われた文化祭ですが、大変盛況で盛り上がりました^^

図書室にもたくさんの方が来てくれて盛り上がりました^^b


ご参加くださった方ありがとうございました♪


では、今日の記事に入りたいと思います^^




海援隊ちらしおもて10.12 ブログ用


「ドーン!」


海・援・隊!


海援隊について、また部下達の龍馬への思いなど、興味深い内容となっています^^

もちろん入場は無料です★


場所:安田町 まちなみ交流館 和

お問い合わせ:安田町教育委員会 0887-38-5711




是非、ご来場ください^^





ここで、龍馬にちなんだ本が寄贈されたので、紹介しておきます^^

(新刊もまだ紹介しときたいのがたくさんありますが、先こちらを!)


『龍馬暗殺の謎』 著 木村 幸比呂



56969065.jpg


幕末最大のミステリー・坂本龍馬暗殺事件。それは、大政奉還から戊辰戦争へと時代がうねる中で起きた惨劇だった。当初、実行犯と目されたのは新選組、だがそれを覆す供述で見廻組が浮上。それら幕府側の組織を統轄したのは会津藩である。一方、討幕側の薩摩藩にも陰謀めいた思惑が見え隠れする。徳川慶喜の処遇を巡って龍馬の存在が目障りとなったのか?さらに、新史料から、意外な藩の影が浮かび上がる。はたして、真犯人、そして黒幕とは?龍馬が駆け抜けた混迷の政局を読み解き、諸説を検証する。


実際、僕が龍馬の死に関してもっとも興味があるのは、暗殺者の実像ではなく、龍馬が生きていたらという妄想ですwそっちの方が楽しいですw

龍馬が生きていたら、今のような社会にはならなかったかもしれません

中央集権的な社会はなかったのではないか? 民主主義と資本主義の時代がもっと早く日本に到来したのではないか?

第二次世界大戦の日本の立場も変わってきたはずです…

そんな感じで妄想するのが、楽しいです^^


もちろん、龍馬暗殺の真犯人に興味がないわけではないですけどねw



ではでは長くなりましたが今日はこの辺にしておきます^^


^^ノシ
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント
プロフィール

まさぴえろ

Author:まさぴえろ
(仮)子どもの読書活動支援員~まさぴえろのブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
にほんブログ村 本ブログ 図書館・図書室へ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知 その他の街情報へ
にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村 イラストブログ オリジナルイラストへ
ブロとも一覧
フリーエリア
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。